HOME
ご利用ガイド
割引・包装・品質
よくあるご質問
会社案内・実店舗のご案内
 

トップ > がまぐち口金 基本のつけ方

がまぐち口金 基本のつけ方

必要な道具


【代用可能な道具】
はめ込み工具…キメネン(U6)、ハメネン(U7)、モデラ(U8)   口金つぶし…ソフトタッチプライヤー(U65)


がまぐち作りの基本の道具はこちらから


つけ方


前準備.1
袋を縫い終わったら縫いしろをアイロンで割り、折りしろは裏側に折る。折りしろは厚手の生地や革の場合には不要なので切る。


前準備.2
外袋に内袋を重ね入れ、口部分を縫い(または貼り)合わせておく。


はさみで口金の長さに合わせて各辺ごとに紙ひもを切る。紙ひもは接着剤が染み込みやすくなるよう、図Aのようによりをほぐす。

口金の溝に接着剤を塗る。天と内側(内袋側)に均一に、金属が見えなくなる程度に塗る。
入れすぎると、はみ出て袋が汚れます

袋の脇とリベット、合印と口金の中心がずれないように気をつけ、生地の端が天につくように袋を入れる。角丸型は溝の角部分にも目打ちでしっかりと入れる。

はめ込み用工具を使って紙ひもを口金の溝にはめていく。脇からはめるか中心からはめるかは、お好みで。
反対側も同様にはめていく。

接着剤が乾ききらないうちに全体のバランスをチェックする。歪んでいたら目打ちで調整すると良い。

口金の端を4ヶ所、口金つぶしを使って軽く抑える。抑える具合は図Bを参照。
口は開けたままで半日〜1日ほど置いて、接着剤が乾いたら完成。